ITに関する仕事をしている業者

勤怠管理を行う

パソコンとタブレット

社員の勤怠管理を確実に行いたい場合、タイムカードを電子化することをお勧めします。今も打刻式のタイムカードを使っている企業が多くありますが、このタイムカードは色々と改善点があります。機械の故障や押し忘れ、中には改ざんなどのトラブルが発生したケースもあります。勤怠管理システムを電子化することによって、上記のようなトラブルを無くすことが可能です。会社のパソコンを起動してから社内のサイトやアプリケーションで打刻するものが一般的です。中にはSuicaやおサイフケータイなどのFeliCaを用いた勤怠管理システムもあります。都心部であれば通勤定期としてこれらのカードやデバイスを持っている従業員がほとんどですので、気軽に出勤・退勤の記録をすることが可能です。

勤怠管理システムの導入をサポートしている企業があります。売り切りのソフトウェアで提供しているところもあれば、ASPとしてでサービスだけを提供しているところもあります。それぞれにメリット、デメリットがありますので、サービス特性を理解して自分の会社に合ったものを導入することが大切です。サービス提供業者の導入実績などがとても参考になります。勤怠管理システムを導入することで、従業員の出勤・退勤の状況を効率良く管理することができます。多くの従業員がいる会社においては1日の勤務時間や休みの状況などの統計を取得してデータとして活用することも可能です。会社と従業員の双方にメリットがあるシステムですので、今後も積極的に導入されることが予測されます。